嗅覚障害に効くツボを紹介

皆さんこんにちは。

平塚駅南口ペンギン鍼灸整骨院の院長 植野です!今日はコロナ後遺症で悩んでいる人が多い『嗅覚障害』に効果のあるツボついてお届けしたいと思います。

 

□ 臭いがしない

□ 風味が分からない

□ 味が分かりにくい

□ 鼻水が止まらない

□ 寒暖差で鼻が敏感になった

□ 耳鼻科・内科に行っても解決しない

いくつ当てはまりましたか?

 

時折、患者様お問い合わせで『嗅いが戻らないのですが・・』『嗅覚障害に効果のある施術はありますか?』と聞かれることがあります。コロナ禍になって3年、最近になってこのような問い合わせが多くなってきました。そんな問い合わせがあった時は『治る可能性は高いですよ』と私は伝えています。使える経穴(ツボ)が東洋医学では多くあるので、今回のブログでお伝えしていこうと思います。

嗅覚異常が起きるメカニズム

空気中にある”臭い分子”は鼻孔に入り、上鼻腔の上にある嗅神経に付着します。その分子を嗅神経が読み取り大脳に伝えて初めて『臭い』が認識できるのです。コロナウイルスに罹患するとこの嗅神経にくっ付いてしまう傾向にあるそうです。確率としてはかなり低いので通常は心配ないのですが、反応を過敏に捉えてしまった嗅神経が炎症を起こしてしまい、嗅覚異常が起きてしまいます。厄介なことに、通常のコロナウイルスであれば自己免疫力で回復するのですが、新型コロナウイルスに抗体のない方が少なからずいるので、今回のような後遺症としてピックアップされてしまったのです。

嗅覚障害効くツボ(経穴)

メインのツボは鼻周りにある経穴を使用します。

鼻詰まりに効く『鼻通

嗅覚を戻す『迎香

鼻腔全体に効果のある『印堂

 

その他に効果のあるツボは企業秘密ですが、手や足にある自律神経を整えるツボに鍼灸を使って嗅覚を戻していきます。1~2回の施術では効果を感じにくいのですが、3~5回で臭いがするようになってきたと言う方が平均で多いです。10回もすれば嗅覚が戻るかと思われます。ただし生活スタイルの改善も必要なので、そちらのカウンセリングも当院では入念にしております。もともと生活リズム(喫煙、暴飲暴食、仕事環境、家庭環境など)が悪ければ、嗅覚障害に関わらず治りが遅いのは目に見えています。来てくれた方に合わせたオーダーメイド施術は勿論、その方に合った食事・運動・ストレッチ・睡眠についてのご提案・ご指導をさせて頂き、根本的に改善できるように頑張ってもらっています。

↓ 蓄膿症と副鼻腔炎の施術動画ですが。鍼灸施術で使っているツボ(経穴)が一緒なので参考に見てください。施術シーン 1:30~

https://youtu.be/nR85aw9W8u4

 

悩まないでご相談ください

改善された患者様の声

平塚駅南口ペンギン鍼灸整骨院

TEL 0463-22-1118

当院のグーグルマップはこちら!

グーグルマップを開く