ハロウィンだけど交通事故に御注意を!

ハッピーハロウィン!
まだ早いですよね(笑)

もうすぐハロウィンがハロウィンが近づいてきましたね♪
コロナの影響で渋谷や川崎でのコスプレイベントは中止になりそうですが、お菓子を配るイベントは大丈夫そうですね。三密を避けて楽しいイベントになることを期待します。

 

例年、秋から冬にかけて【交通事故】が多く発生します。
特に12月は圧倒的に多いです。多い月別をまとめると『3月、7月、10~12月』が入ります。秋口は西日が低いので運転中の視界が悪くなり、事故が発生しやすい傾向にあります。
3月、7月、12月に共通することがあります。それは分かりますか?

正解は【子供が休みに入る時期】です!
春夏冬休みは町中に子供たちが一気に増えます。休みで浮足立った子供たちは遊びや行動で何をするかわかりません。飛び出すケースが多く発生します。

例年12月は圧倒的に交通事故が多いです。
12月は年末年始の買い出しや帰省とバタバタする行事が多く、また凍結や雪もある時期なので車を使用する機会が多くなります。交通量も人の流れも多く、子供たちもいるので交通事故発生率は高くなるのです。

いつ交通事故に遭ってもいいように
対策は知っておいた方がいいですよね?

ここで交通事故の対策をレクチャーします。

交通事故手順

先ず起きてしまった際は警察に連絡しましょう
基本的には加害者からの連絡がほとんどですが、状況によっては被害者の方も連絡しましょう

相手の身元の確認
加害者(被害者)の氏名や連絡先、入っている保険(保険会社)、ナンバープレート、勤務先の名前+連絡先を必ず確認する

協力者の確保
万が一加害者(被害者)と意見が食い違ってしまうこともあるため、通行人など目撃者がいるようであれば必ず名前や連絡先を聞き証言をメモしておく

自分でも状況の整理
急に起きてしまったことは忘れてしまいがちなので自分でメモを取ったり、写真を撮るなどし記録をしておく

お医者さんに診断してもらう
交通事故が起きてしまった時はあまり痛くなくても、後から痛みが増してくることも多々あるため必ず診断書を出してもらう

医療機関に行き治療を受ける
交通事故で整骨院などで治療する際窓口負担額は0円です。その代わり診断書が必須となりますのでご注意ください

 交通事故の後は痛みのある場所を治療するのは分かってるけど
「どこの医療機関に行けばいいのか分からない」
という方いらっしゃいませんか?
 ここでは少し治療の種類について話をさせていただきたいと思います!
 よく迷われる方で整骨院と整形外科ってどっちに行けばいいの?と言われる方がいらっしゃいます。お互いアプローチの仕方が違いメリット・デメリットがあります(/・ω・)/
 

整骨院
メリット
・治りが格段に速い
・整骨院(当院)は予約制なので待ち時間が少ない
・患部を触り施術することができる
・症状に合わせて鍼やお灸を加える
アフターサポートをする
保険会社と密接な対応ができる
慰謝料が上がる

  デメリット
・医師ではないため症状の診断ができない
・レントゲンなどが使えないため内部の傷害が分からない

 

整形外科
メリット
・医師なので症状に対する診断ができる
・レントゲンや使える医療器具が多い為内部の傷害が分かりやすい

デメリット
・患者さんが多い為待ち時間が長い
・施術はあまり行わずシップ処方や電気治療が多い
・話を全然聞いてもらえない
・保険会社の対応をしてくれない

どちらの医療機関もメリット・デメリットはありアプローチの方法が変わってきます。
こう見ると時間や治療を総合的に考えると整骨院の方がメリットは多いですね!

 

当院では交通事故の治療が終了した後でも、アフターケアでメンテナンスや常日頃から感じていたコリや辛さにもしっかりと患者様に寄り添い解決させていただきますのでよろしくお願い致します!!

 

神奈川県で交通事故に強い整骨院は
平塚駅南口ペンギン整形外科!
TEL 0463-22-1118

日曜祝日 営業 診療 交通事故