四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)予防

まず四十肩・五十肩とは肩関節の周りの動きが悪くなり、次第に痛みを伴う症状になります。

中年以降の方に好発しますが主な判断基準としては、

 

髪を結んだり帯を結ぶといった動作が痛い

夜間痛くて寝れない・痛くて起きてしまう

 

原因としては加齢に伴って肩回りについている筋肉・軟骨・腱・靭帯などが使ってきたことにより摩耗し炎症を起こしているためと言われています

 

痛みがあるからといって肩周りを動かさなくなってしまうのも逆効果となってしまうケースも多いです。。。

 
 
 

さて、肝心の四十肩・五十肩の予防法として一番有効なことはやはり肩周りの運動となります!!

でも「時間がなくてあまりまとまった時間が取れません」という方、普段の生活動作から変えてみませんか?

 
 

身近でできる運動(動作)

・朝起床時に大きく前回し後ろ回し30回ずつゆっくりと

・歩行時にいつもより腕を振って歩く

 
 

この2つの運動、実は真剣にやると大変で疲れるんです笑

なので皆様もぜひ真剣にやっていただき四十肩・五十肩を予防していきましょう!!