逆子が治りました R2.10/26

症例 】 28週から産婦人科で逆子と診断
ケア 】 自宅で身体を温める、WEBで調べた逆子体操や猫の姿勢を毎日
経過 】 32週目の逆子検診で戻らず

平塚駅南口ペンギン鍼灸整骨院に来院

自身で逆子を検索、逆子にはお灸が効くことを知りペンギン整骨院が逆子の灸と逆子整体をやっているとHPで拝見し来院。

検査 】 姿勢を確認し骨盤の歪みが大きく、右に傾いている。局所的な冷えがある。
原因 】 骨盤の歪みで胎児が安定せず、冷えで動きが鈍っていると判断。

施術 】 マタニティ整体の骨盤矯正で歪みを除去。特に臀部と鼠径部が硬く血液の流れを阻害していた。歪みが改善したところで、逆子の灸(三陰交、至院、太衝)に透熱灸とせんねん灸を据える。目安は10壮。

 

↓ お灸の解説動画

経過 】 ①最初の施術が終わった晩に大きく胎児が動く ②2回目の施術でグリっと動いた感覚があった(この段階で逆子が治ったと思われる) ③3回目の施術、お腹の上部に硬く触診できる部位があり(頭部と思っていたのですが、実はお尻で逆子が治っていた)

結果 】 逆子の検診で無事回っていました。頭と思っていた部分がお尻だったと分かったのがこの検診でした。

総評 】 33週でも逆子は回ることが証明されました。初回で反応が良く、患者さんも自宅でのセルフケアをしっかりとしていただいたので、それも相乗効果として良かったと思います。

 

妊娠10ヶ月(36週)までが回りやすいと言われています。
37週を過ぎると回る確率が半分以下に下がります・・・

自宅でセルフケア

逆子施術のプロフェッショナル
平塚駅南口ペンギン鍼灸整骨院
TEL 0463-22-1118(予約制)