除菌はウイルスを消せるのか?

ー 消毒と除菌って違うの? ー

先日、患者様から何気なく聞かれた質問です。新型コロナで世の中『手洗いうがいで消毒が大事!』『わが社は除菌を徹底しているので安心ですよ』『ウイルスに効く殺菌成分!』などが横行して使用されています。

ウイルスなのに除菌?
除菌と殺菌て違うの?
抗菌素材って何?

これらを知らないと知らないうちに間違った使い方をして感染しかねないので、ご要望にお応えしてお答えします。

【除菌】
除菌とは『菌を減らす効果』のことです。
菌を殺さなくても、面積から少しでも菌を減らせばいいので、どの程度減らすかの定義はないのです。つまり水洗いも”除菌”になるのです。

「除菌」という表現は、アルコールスプレーや洗剤、漂白剤などの雑貨品表示でよく使われていますが、これは薬事法上、医薬品や医薬部外品ではない製品ではたとえ殺菌や消毒効果があっても「殺菌」や「消毒」を謳えないためです。

【殺菌】
殺菌は読んで字のごとく『菌を殺す効果』のことです。
死滅させる菌の種類や量に決まった定義が無いので、90%の菌が残っていても10%菌が殺せていれば『殺菌』ち定義されます。
『殺菌』というワードは薬事法になると消毒薬などの医薬品と、薬用石鹸などの医療部外品のみに使用できる表現なので、例えば食器用洗剤に殺菌効果があったとしても『殺菌』という言葉は使用できません。

【滅菌】
滅菌とは、【無害有害に関わらず、全ての菌やウイルス(微生物)を死滅・除去する】ことです。定義ははっきりとしていて微生物や菌、ウイルスの残量が100万分の1になることをもって滅菌と言います。高圧力や高熱、電磁波、放射線を使って滅菌するのが支流です。最強の排除になります。

【消毒】
消毒は病原性のある微生物を除菌・死滅させて害のない程度に抑えることです。殺菌と似ていますが、消毒の目的は無毒化です。
必ずしも細菌を死滅させなくても、病原体の感染力を不活性化し、病原体を危険ではない程度まで遠ざけることも無害化にあたるので消毒に分類されます。「消毒」という言葉も殺菌と同様に、薬事法上の言葉で、「医薬品」や「医薬部外品」のみに使用できます。
市販の消毒薬のように、薬物で消毒するだけでなく、煮沸消毒や日光消毒、紫外線消毒、焼却消毒などの方法もあります。

【抗菌】
抗菌はトイレやキッチン、おもちゃ、洗面台やバスルーム周りでよく見かけますが、これは『菌の繁殖を抑える』のことです。細菌を除去したり殺菌する効果はなく、あらかじめ菌が住みにくい環境を作ってくれるのです。ただ、これも対象となる菌や、菌の量、範囲などの詳細な定義はありません。

 

【消毒・除菌・殺菌・滅菌・抗菌】に違いは分かりましたか?
殺菌や滅菌効果があると思って、ただの水を購入しないように知識はあった方がいいですよ。コロナがまだ知られていない時期に『ウイルスを除菌しましょう』『この消毒でコロナも安心!』など不安を煽って購入させようと怪しい企業が多くいました。

 

これから乾燥してウイルスが繁栄しやすい時期に