顎関節症は平塚駅南口ペンギン鍼灸整骨院にお任せください!

皆さんこんにちは!

【顎関節症のガクガクはペンギン整骨院お任せください!】でお馴染みの平塚駅南口ペンギン鍼灸整骨院の院長 植野です。

 

9月に入り、顎関節症の患者さんが多くなってきています。問い合わせは50件、1週間で10人の顎関節の悩みで訪れる方がいます。

 

顎関節はストレスに敏感な関節になります。特に低気圧や台風、仕事の繁忙期や育児家事など生活環境の中で顎関節にストレスを与える要因は多いのです。

 

顎関節の症状になりやすい世代もあります。

20歳~40歳までに好発します。

 
 
 

【 顎関節症 】

発生機序:打撲、硬いものを咀嚼、歯ぎしり、噛み合わせの不一致、筋疲労、靭帯の断裂、関節連動運動の不一致、睡眠不足、自律神経症状、過度のストレス

 

症状:常時疼痛、熱感、腫脹、開口・閉口時痛、クリック音、発音障害、カクカク音、あくび痛、頭痛、首コリ、猫背、ストレートネック、神経痛、顔のズレ

 

好発年齢20~40歳に多い。高齢者では硬い食べ物で発生しやすい。10代では稀

 

対処法:当院では炎症をしている症状では、アイシングから行い腫れから引かせる。炎症期が引いたら、首の施術を行い歪みや筋疲労を除去して顎にかかる負担を軽減させる。患部には『ハイボルト プローブ』という機械を使い、咬筋・外側翼突筋・側頭筋に特殊な電気を流して顎の筋膜を緩めます。噛み合わせ方の正しいやり方をレクチャーして終了。

 

保存療法:自宅では、腫れている場合ならアイシング。初期の段階ではなるべく『硬い食べ物』『あくび』『大きな開口』には気を付けるように指導。後々はガムトレーニングを導入して家でも対処してもらう。

 

経過:顎関節は食べる・喋る時に常に使用しているので、1日の中で休ませることができにくい関節です。施術時間よりも使用時間が長いので、施術の初期の段階では効果を感じにくいのです。しかし2~3週間(施術6回以降)から効果を感じやすくなります。最初は食べ物が食べやすくなり、しだいに痛む頻度も下がっていきます。20代であれば1~2ヶ月、40代であれば2~4ヶ月で改善傾向がみられます。施術を始める際は『そもそも時間がかかるんだ』と思ってご来院ください。