ゴルフ肘について

    

ゴルフ肘とは ゴルフ肘の正式名称は内側上顆炎と言い、他には野球肘とも言われてます。

  • スイングで肘が痛む
  • 打ったインパクトで痛みが走る
  • ダブった際に負傷
  • シップを貼っても治らない
  • サポーターを付けても改善しない
  • 整形外科でも治らない
などでお悩みではないですか?

ゴルフ肘の原因

原因はスポーツや手作業の継続動作や急性に筋膜に牽引力が働き、肘の修復過程が不完全となり亜急性の機能障害が残存した状態が内側上顆炎です。ゴルフや野球、テニスなど手首や腕の力だけで抵抗すると手関節の屈筋や回旋筋付着部に負担が掛かる。

パソコンのキーボードやマウス、料理人のフライパンなどで手を酷使する職業でも罹患する障害となっています。10代〜70代まで幅広い年齢層に出現しますが、40代前後に多くみられます。

※腕は毎日使用し、他の部位より安静にできないので治りにくい傾向なので、施術期間として【1〜2ヶ月はみて下さい】当院では最短でケアする自信があります。
ゴルフ肘の治療法
            
  •         
    肩肘にかかる負担を軽減させる為に『骨盤矯正』『猫背矯正』をして負荷の掛け方をフラットにします。
  • 痛みの出ている肘周囲のトリガーポイントに整体を用いて、手首から肘、肩をほぐします。
  • オプションとして『PNF電気』『鍼灸』を加えますと、回復速度が大幅に跳ね上がります。
まずは悩まず、お気軽にご相談ください!
電話 【受付時間】9:00~20:00
【定休日】不定休
※土日祝営業 夏季休業・年末年始休業
お問い合わせ